あなたのバスルームはこのようにデザインされていますか?

あなたのバスルームはこのようにデザインされていますか?


ヒント:バスルーム内のウェットゾーンとドライゾーンを分けることで、様々な利点をもたらします。


バスルームの「ウェットゾーンとドライゾーンを分離する」という考え方は、より良いバスルーム体験を求める人々から大きな人気を集めました。今日は、ウェットゾーンとドライゾーンを分離することが合理的なバスルームの選択肢であるのかについて話し合いましょう。


arredo-bagno-protagonista-la-parola-alle-aziende_NG1.jpg

TREESSE

1.細菌増殖の抑制

ウェットゾーンとドライゾーンを分離することで、シャワースペースの外側の空間を乾燥し清潔に保つことができます。また、バスルームに残っているウイルスやバクテリアは、空気の流れでタオルやその他の洗面道具の表面に付着されず、細菌の増殖を抑えます。


ghost-system-treesse-ceramichebm.jpg

TREESSE

2. バスルームを清潔に保つ

バスルームを2つの機能ゾーン(ウェット状態とドライ状態)に分割すると、湿った空気が室内に滞留する時間を短縮することによって、空気の湿度を効果的に下げることができます。

この方法では、シャワーエリアの外の部屋は乾燥した状態で清潔に保つことができ、全体のバスルームを綺麗に維持することができます。


treesse-epoca_impero-1024x682.jpg

TREESSE

3.事故率の減少

シャワーの際に水が床に溜まります。しかし、ウェットゾーンとドライゾーンが分離すると、水が床に溜まるのを防ぐことができ、危険を減らすことができます。


TREESSEBIGBANG.jpg

TREESSE

4.家具の保護

水分や湿気に長時間さらされると、浴室の家具が腐食する傾向があります。特に、木製の家具は、多量の水分を吸収し、ひび割れや剥げる可能性があります。


news_1346_im1.jpg

TREESSE

5.効率的なスペース使用

ウェットゾーンとドライゾーンを分離すると、利用率が大幅に向上し、より多くの利用スペースを作ることができます。シャワーを浴びても、洗面器を使っても影響はありません。異なるスペースは異なる目的に指定され、より効率的に使えます。


  &                                  

Top