シャンデリア

シャンデリア


シャンデリア

 中世において、最初の蝋燭シャンデリアは富者でけに用いられていたものであり、別の部屋に移られることができます。15世紀から、構造がより複雑し、リングや冠の形をしていたシャンデリアは宮殿また貴族、僧侶、商人の家に好まれた装飾品になりました。価格の高さにより、シャンデリアはラグジュアリーや高地位のシンボルになります。シャンデリアはイベントに明るい光をもたらす以外、形や寸法を問わずドラマのエレメントを添えられています。イベントの規模の大きさにせよ、正式さにせよ、卓越な機能性によって、イベントの完璧な補充になることができます。

adam style.jpg

アダム(Adam)スタイル - クラシックスタイル、明るく、風通しの良いエレガントなシャンデリアです。

キャノピー(Canopy- シャンデリアの上部に倒立した浅い皿を備え、そこでビーズが吊られます。

ビクトリアクリスタル(Victorian Crystal - 透明、共振、柔らかいなど特殊な性質を持ち、化学成分を含むガラスで作成されるシャンデリアです。

コロナ(Corona - クラウンスタイルのシャンデリアのもう一つの呼び方です。 

Bathroom+chandelier.jpg


Montgolfièreシャンデリア -フランスの初期の熱気球(montgolfière)の形をしたシャンデリアです。

ウォーターファウル- 輪ゴムやプレートの下に垂れ下がった氷滴の同心円の輪からなっているシャンデリアです。

ネオクラシックスタイルのシャンデリア - 繊細な腕、尖塔、楕円形の菱形や八角形の文字列など特徴をしているガラス製のシャンデリアです。

Panikadiloシャンデリア - 正教会の大聖堂のドームの中心から吊り下げられたゴシック様のカンデラブルームのシャンデリアです。


Canopy-beds-For-the-Modern-Bedroom-Freshome-91.jpg




Top